スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 55 $の勝ち & 映画「深呼吸の必要」の感想
    0
      さあ!「スポーツの秋」やから、
      何か競技を始めようかね┌( ^-^)ノ  \(^-^ ) こっちだよ

      何が俺に適してるかな?ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ
      運動と言えばヨガなのかな
      儂に限っては(@Д@; アセアセ・・・

      しかしながら、独りだと継続は難しいだろうなあ(@Д@; アセアセ・・・
      誰か一緒に頑張ってくれる友達募集。(ёё。)(。ёё)。うふうふ♪

      ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      映画って本当に面白いですよね〜
      だから映画の感想を紹介したいと燃えております!┗┓ ̄旦 ̄┏┛フフフ┏┛_日_┗┓フフフ┗┓ ̄旦 ̄┏┛フフフ
      ってyahooレビューに載ってる感想ですが('-'*)エヘ


      今回は「深呼吸の必要」の感想ですね!!!!( ´,_ゝ`)プッ


      この映画の製作年は2004年です!!!!

      監督は篠原哲雄で、脚本が長谷川康夫、長澤雅彦です?v? プッ

      この映画でメインで出てくる人は香里奈 (立花ひなみ)と谷原章介 (池永悠一)です!!「(゚〜゚o)ウゥーン

      この映画の出ている人列挙すると香里奈 (立花ひなみ)、谷原章介 (池永悠一)、成宮寛貴 (西村大輔)、金子さやか (川野悦子)、久遠さやか (辻元美鈴)、長澤まさみ (土居加奈子)、大森南朋 (田所豊)、北村三郎 (平良誠(おじぃ))、吉田妙子 (平良ツル(おばぁ))、上地雄輔 (宮里一雄(飲み屋店長))ってな感じ。(ノ∇≦*)キャハッッッ♪

      欠点はあると思う、他の人の批評もワカル。

      でも満点。

      大部分固定のカメラで撮られるこの映画は
      決して個々の登場人物に深入りはしない。

      しかしそれが「色々な若者」がただ一つの事に
      打ち込むことを人物への感情移入なしに
      旨く描いている。


      そしてそれが見た後に誰にでも共通に
      達成感を含む爽快な癒しを感じることが
      できる。

      まーレビューなんて、なんくるないさー。

      みんな見てこのよさわかっって下さい。



      ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      麻雀の役って一杯ありますよね〜ヾ(∇'〃)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!
      DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
      という事で、今回はピンフに焦点を当てたいと思います!!!o(゚▽゚o)(o゚▽゚)oニパニパッ


      平和というのは最も良くある役の一つです。
      ここでは、先生役の上山と生徒役の岡本のおふたりに出てきてもらいましょう。


      上山『まずは基本的な「ピンフ」の形を見ていこう。平和(ピンフ)は1翻の役になるんです。

      特に点数が高いわけではないのですが、登場頻度が高い、つまり作りやすい役という意味では基本になります。
      「3枚1組の面子が4つ+2枚1組(対子)の雀頭」という麻雀の基本型は変わらない。

      平和の基本条件は『「3枚1組のグループ(面子)」がすべて「順子(しゅんつ)(数字の三連続)」でないといけない』という条件がある。

      「刻子(こうつ)(同じ牌3枚)」が混じってはいけないんですよね。』


      岡本『こういう数字の3つ連続が「順子(しゅんつ)」よね。


      ?ピン ?ピン ?ピン、3筒 4筒 5筒、5萬 6萬 7萬

      刻子(こうつ)はこんなんですよね。

      四萬 四萬 四萬、8s 8s 8s、三萬 三萬 三萬』


      条件1:全部のグループが「順子」でないといけない。
      刻子が混じってはいけない。

      ただし、チーをしてはいけない。面前状態であることが条件です。
      「鳴く」という行為でのピンフは認められない。


      条件2:全部のグループが順子(しゅんつ)でも「チー」をしてはいけない

      全部「順子」なんで、ポンやカンをするのはそもそも論外ですね。

      それから「雀頭(あたま)」にも制約があります。


      条件3:平和(ピンフ)の雀頭には「役牌(1ハン)」が付く字牌を使ってはいけない。
      (白、發、中の三元牌をアタマにしての平和(ピンフ)は不可!)

      東南西北の「風牌」を使う場合は、
      「平和(ピンフ)」が「成立する際」と「成立しない場合」がある。
      それは自分の風牌との状況によって変わるわけです。
      自分が3枚集めた時に役牌がついてしまうものは、アタマにしてはダメなんです。
      数字の牌ならばなんでもOKです。

      (アタマが東・南・西・北の時は成立する場合としない場合がある)

      上山『その上で最後に「待ち方」にも制約があるんです。

      「平和」成立条件には、テンパイした後
      「最後の待ちが両面待ち(リャンメン待ち)でないと不可です」という規定がある。

      条件4:最後の待ちが両面待ち(リャンメン待ち)

      4萬 5萬等の両面待ちでないとピンフは成立しません。

      他にはこういう待ち方があるのは覚えているかな?
       辺張(ぺんちゃん)待ち 嵌張(かんちゃん)待ち 単騎待ち シャンポン待ち(通称シャボ待ち)』

      岡本『シャンポン待ちは「シャボ待ち」ともいうんだったわよねー。』

      岡本『以上のことをまとめると、
      ●全部のグループが「順子/ジュンツ」でないといけない
      ●「ピンフ」は最後が「両面待ち」であがらないとダメ
      ●メンゼン状態でないといけない。チーしてはいけない
      ●役牌がつく字牌は雀頭に使ってはいけない
      だね。』

      岡本
      『けっこう制約があるんですね。本当に基本なのかよ?』

      なんで「ピンフ」が基本なのかといえば、
      確率の問題からかなり頻度が高い役なわけなんです。
      つまり「平和(ピンフ)」は作りやすい役ともいえます。
      「タンヤオ(数牌の2〜8で作る役)」と共に、頻度が非常に高いわけですよ(*≧┏∇┓≦*) ブヒャ!



      当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
      しっかり覚えておいて下さいね!!
      基本ですので・・・

      DORA麻雀の解説を見てみましょう
      ↓↓↓


      ------------------------------------------------------

      平和(出現割合:19.9%)
      麻雀で最もオーソドックスな役で、案外素人に教えるのが難しい役でもある。
      上がりの待ちの広さから初心者から上級者まで幅広く使われるが、現在の外を切って中に寄せる麻雀では捨て牌からある程度の推測ができるのも事実。 ヤミテンならあまり問題はないが、立直をかけるなら早い巡から相手の副露状況捨て牌を考慮して宣言するのがいいだろう。

      ------------------------------------------------------

      ・・・とこんな感じの説明です。(○ ̄ 〜  ̄○;)ウーン・・・


      今から7時間後にはついにデートだよ♪
      早く来ないかな☆(*^o^)乂(^-^*)☆ ヤッタネ!!

      DORA麻雀とは




      おすすめ記事




      posted by: zzk32t2r | - | 06:29 | comments(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 06:29 | - | - | - |